本文へスキップ

新潟市のリアル総合探偵事務所は、不倫,浮気調査,DV,ストーカー対策,人探し,家出,失踪行,方調査など、貴方の悩みを解決する為全力でサポート致します。

電話でのお問い合わせTEL.025-201-7469

〒950-2055 新潟県新潟市西区寺尾上4-2-18高橋ビル2階

探偵日記探偵の調査日記

夫から突然の離婚宣言。

看護師

今回の依頼者様は、介護士の30代女性(三条市在住)

依頼内容「夫から突然~別れて欲しいと言われ・・・」

「現在3人の子供と5人家族で・・・昨年念願の新居に引っ越したばかりなのに・・・」

私の実家が近所にあるので、子供を祖母に看てもらえ・・・

私たちの仕事が休みの日など二人で出掛けたりもできて幸せな毎日なのに何故・・・

夫は営業職なので、毎日の帰宅は午後9時頃~月末などは帰宅が深夜になることもある。

しかし昨年のクリスマス前頃から~仕事だと言うが、帰宅が深夜から早朝になるなど・・・

「今~思えば・・・その頃から・・・浮気・浮気・浮気・・・」

「夫は一ヶ月前から自宅に帰らず、実家で暮らすと出て行きました。」

まだ幼い子供3人・・・こらから・・・どうしたらいいのか・・・

「夫は2月14日に、突然~別れて欲しいと・・・その理由は何も話さない・・・納得できる訳がない」

「もし浮気が本当なら・・・もう一緒には暮らせない!」

離婚を視野に入れ調査を開始した。

このようなケースは数え切れないほど、日常的に起きている・・・・・・・

調査開始から3週間~対象者は、同じ会社に派遣で勤務している20代の女性と不倫関係にあった事が判明した。

依頼者様は、不倫が発覚した事実を基に、浮気相手に慰謝料請求、夫には養育費の請求も含め調停の準備を進めている。

(S・S )


妻は浮気相手と新築一戸建て計画。

open.house


今回の対象者は、30代の女性:パート(新潟市在住)

ご主人からの依頼で、3ヶ月前に調査対象者(妻)から「突然離婚したい」と言われ・・・


{下記の内容は、依頼者様からのメールです。}

結婚して8年(私の両親と同居を条件に)二世帯住宅を新築し新婚生活が始まった。

「よくある嫁姑問題、多かれ少なかれ元々は他人なのだから・・・どう対応していくか、だが・・」

新築二世帯住宅での生活は、2年と続く事はできなかった。

妻の強い希望で実家を出る事となり、借家住まいが始まる・・・

子供が生れ現在は、小学1年生の長女と幼稚園児の二人の子供と4人家族、平凡だけど子供の将来を楽しみに暮らしていた。


しかし、「突然妻からの離婚宣言」


(妻)は2年前から勤務先まで車で約20分掛け、午前9時~午後15時まで事務職のパートをしている。

「離婚宣言」後は、子供達の夕食も作らず帰宅が午後22時を過ぎる事が何度もある。

土日祝日は、パート勤務は休みのはずであるが・・・

最近は土曜日に勤務が入ったり、会社の同僚と飲み会があるからと・・・「帰宅が深夜になる事が重なる」

余りにも「妻の行動が変わった事で」心配になり、妻の後を追いかけたら・・・


「妻が同年代男性の、アパートへ入って行った事を目撃した。」

「その後、妻は3時間以上その部屋から出てこない・・・」


「この事は、妻には話さずにいた。」


この日も妻の帰宅は午後22時を過ぎており、風呂も入らず寝室へ直行・・・


「どう考えても、浮気を疑ってしまう。」


翌日、気になり洗濯物を見たら、今まで見た事の無い派手な下着を発見・・・「浮気を確信した。」


「今回の浮気調査を依頼する為に、大手を含む5社へ見積もり相談。」

「弁護士様や行政書士様へも相談したら・・・リアル総合探偵事務所の名前が何度出てきた。

「私は、慎重派で石橋を叩いて渡るタイプなので、自分で納得してから依頼したかったのです。」

事務所に伺い相談したら、「調査方法から見積書内容まで」分かり易く納得する事が出来たので、依頼しました。


「調査結果は」

妻は、仕事へ行くと嘘を付き、頻繁に逢っている。

調査が進み・・・妻はパート勤務を始めて半年頃から、浮気相手との関係も始まったようである。

最近では、毎週末のように、住宅展示場やショールームを要約して1日の大半~滞在している。


見学だけではなかったようである・・・「二人の新築一戸計画」


浮気相手の誕生日には、自分(妻)の運転で浮気相手の自宅まで迎えに行き、駅前で飲食~

その後、Loveホテル(VIP)部屋で過ごし~早朝~男を自宅に送り・・・朝がえり・・・


他にも妻は、見栄ぱっりな性格もあり、多額の借金も判明した。

「多分~自分に金を使ったのか、男に使ったのかは、もうどうでもいい・・・」



借金まみれなのに「新築一戸計画」・・・子供の事より自分が一番だね・・・


真実を知りショックを受けたが「もう呆れて言いようがない!」


*詳細な調査報告書を受け取り、今後について弁護士様へ相談。

「子供の親権、慰謝料請求などの問題も全て希望通りに解決しました」と

依頼者のご主人から感謝のメールも頂きました。


夫婦は元々他人ではあるが、お互いを尊重し、思いやりの心がなくなると壊れて行く・・・

一番に「嘘」は取り返しのつかない事態を招く事を、忘れないで欲しい。


(S ・S)


コロナ自粛生活で本性が分かってしまった。

ナルシスト男


今回の対象者は、30代の男性:営業職(三条市在住)

奥様からの依頼で、調査対象者(夫)が不倫している!

「依頼者様からのお礼メールを頂きました。」


「夫とは社内恋愛で結婚、現在は3歳の長女と2歳二女の4人家族で暮らしています。」

(夫)は営業職で平日は、午後8時頃には帰宅する毎日・・・

「昨年の夏に新居(新築一戸建て)へ引っ越し、楽しい生活が始まったばかり」

今年に入り、世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染拡大対策で、営業職でも自宅業務が主体となり、毎日のように自宅に居る!

自宅に居るようになり(今まで外で仕事を頑張っていたのだから)暫くは、何も言わなかったのですが!

とにかく「上から目線」・・・主婦なんだから~やることやれよ・・・

俺は今仕事だから・・・「自宅での自己管理が出来ない!」

「子供の面倒を看ない!」

こんな自分中心な人とは、自分が一番な人とは思いませんでした。

「解りやすく・・・今まで週末に会社で打ち合わせなど無かったのに」

会社で打ち合わせがあるからと、私服で出掛ける!

朝から晩まで、会社で打ち合わせがあるのだろうか?


「調査を依頼して分かりました!」

(夫)は社内不倫をしていました!

昨年末(クリスマス頃)から帰宅時間が遅くなっていた。

「対象者=(夫)からは、仕事で遅くなると依頼者=(妻)へ連絡している・・・」

この頃から対象者は、派遣社員と不倫関係になっていたそうです。

調査終了後、お互いの両親と同席の上、今後について話し合いをしました。

「子供の将来を最優先に考え、今後の事を決めていきたいと思います。

「まさかとは、思っていましたが!裏切られた悔しさと虚しさでいっぱいです。」

辛い真実ではありましたが、隠されたまま生活して行く事を考えれば!

調査して頂き、真実が分かった事は良かったと思います。

リアル総合探偵事務所の担当者:スタッフ一同に感謝しております。

今後のご活躍をお祈りしております。

(M・U)


新型コロナウイルスに感染したくない・・・

男女ベッドでスマホ


今回の対象者は、50代の男性:自営業(新潟市在住)

「奥様からの依頼で、調査対象者(夫)が不倫をしている疑いが従業員の証言から発覚した。」

夫は従業員5人で内装工事を行う仕事をしております。

「ある日、従業員から社長の車を大型駐車場で見かけた・・・」

その日は本当なら別の現場で仕事のはず・・・自分の見間違いかもしれない・・・と!

私に報告してくれました。

「世間では新型コロナウイルスの感染拡大を防止する為に外出を自粛している最中・・・」

しかし自己の欲求が抑えられない人も居るのが現実です。

「ギャンブル依存から県外のパチンコ店へ出向いてでも遊戯する・・・」

「この状況でも不倫、浮気は行われています・・・」


調査対象者=(夫)は某大型駐車場で(不倫、浮気相手の)車に乗り換え出発・・・

コンビニで買い出し・・・LOVE・HOTELへGO

2時間程そのLOVE・HOTELで満喫・・・

待ち合わせ駐車場へ戻り、スッキリした顔で自身の車両に乗り込み・・・

何食わぬ顔で帰宅する。


傾向としては夕方から深夜にかけてのLOVE・HOTEL利用は少なくなったと思われるが・・・

平日のLOVE・HOTELは週末より繁盛している。

現実問題、不倫、浮気は二人の世界である・・・

「まぁ~これからも不倫、浮気は無くならないね~」

(K・T)


平日のLOVE・HOTELは満室状態。

男女がベッドで抱き合う


今回の対象者は、30代の専業主婦:女性

「ご主人様からの依頼で、調査対象者(奥様)が不倫をしている疑いがスマホ携帯から発覚した。」

私たちには保育園に通う二人の子供が居り、専業主婦の妻は毎日家事を行い・・・

買い物や子供の送り迎え以外は、自宅に居ると思っていた。

「ママ友とのランチや女子会がある場合でも、子供の迎え時間は遅れない。」

妻が子供と入浴中に妻のスマホ携帯が鳴り、慌てて入浴を終える。

気にもしていなかったのですが、翌日の朝・・・

妻がトイレに入っていた時に、デーブルに置いてある妻のスマホ携帯が鳴りLINEが表示したまま・・・

その内容を見てしまい不倫が発覚した。

「妻を信じたい気持ちと、裏切られた悲しみ・・・二人の子供の顔が・・・」

暫くは、仕事も手に付かず・・・「落ち込むばかり」

仕事が疎かになり上司に指摘を受け相談・・・

子供たちの事、今後の将来を考え、探偵に依頼し真実を知る事を選択しました。

「他3件の探偵事務所へ出向き相談して検討・・・弊社に調査を依頼されました。」

「私たちは、依頼者様の利益を一番に考え(どうしたいのか?)問題を解決する為に調査を遂行していきます。」

調査開始から調査対象者=(妻)の行動が明らかに・・・・

「現実は、朝~ご主人を送り出して、二人の子供を保育園へ車で送り・・・」

「午前9:30分頃・・・某駐車場で不倫相手と待ち合わせ・・・」

「不倫相手の車に乗り込み出発・・・」

「途中のコンビニで買い出し」

「午前10時頃・・・LOVE・HOTELへ」

平日のLOVE・HOTELは「新型コロナウイルス」感染騒動で世間の自粛ムードの中満室である。

「午後3時過ぎ・・・LOVE・HOTELを出る。」

「午後4時頃・・・待ち合わせ駐車場で解散。」

今回の対象者は、毎週のように不倫を重ねている事が判明した。

しかし、子供の迎え時間には遅れず日常生活を続けている事から発覚が遅れたと思われる。

「二人(不倫)の世界は、世間とか「新型コロナウイルス」感染騒動は、あまり障害とはならないみたいですね。」

(K・T)


心に付け入る結婚詐欺。

若い二人の画像

今回の依頼は、婚約者が両親に逢う事を拒む、県外の出張が多い仕事で週末にしか会えない。

仕事で県外に居るはずの婚約者を、地元で見かけた!「浮気を疑う」

依頼者は、半年前に結婚を前提として付き合い始めた32歳のOL。

調査して判明した事実は、調査対象者は、既婚者であり、依頼者様以外にも結婚を前提として付き合っている女性がいた事が判明。

依頼者様ともう一人の女性に、自宅アパートだと話していた場所は、対象者の妻に内緒で借りた部屋であった。

依頼者様には辛すぎる真実を報告させて頂きました。「こんな報告は、こちらもかなり辛い・・・」

対象者は、慰謝料請求に仕事も、家族も失うだろうな!「自業自得だね」
( M・U )


離婚したいと家を出て行く妻!

離婚したい妻

今回の依頼者様は、40代公務員(新潟市在住)

依頼内容「妻が何故離婚したいのか?何故家を出て行くのかが知りたい。」

夫は公務員で、2年前の春から金沢へ単身赴任している。

「夫の性格は真面目で部下にも慕われているようだ。」

妻=(調査対象者)は専業主婦で、小学校へ通う二人の娘を一人で面倒をみている。

家族は連休に毎年のように海外旅行へ出掛けるなど、理想の家族に思えたが!

「その実態を探るべく調査を実施した結果は」

対象者は、ママ友とランチで利用している飲食店の従業員と不倫していた事が判明した。

対象者は、姉妹を学校へ送り出し~帰宅するまでの間にラブホテルで何度も浮気をしていた。

「また、調査を進めると妊娠している事も判明した。」

対象者の妊娠について依頼者の夫に確認したが、妻との性交渉は1年以上ない事が判明した。

「以上の事から、対象者が不倫をしていた事は明白である。」


日常生活から些細なキッカケで浮気に発展する・・・誰しもあり得る事だが・・・

「平凡な毎日の積み重ねで刺激を求めての浮気!仕事や人間関係でストレスが原因での浮気!」

いずれにせよ、自身の心の隙間から問題は起きる・・・

「家族の存在を忘れ自身の欲を優先すると、必ず報いが待っている事を忘れないで欲しい。」

(S・T)


32年前の恩師に逢いたい。

料理人

今回の依頼者様は、50代飲食店経営者(新潟市在住)

依頼内容「32年前に勤めていた店の恩師に逢いたい・・・」

「事前情報」
1、32年前当時の店舗名
2、32年前当時の住所
3、恩師の名前
4、32年前当時の写真
5、現在、店舗連絡先TELは使用されていない。

「私は昨年の6月に余命宣告を受け、22年続けてきた店を閉める事を決断致しました。」

18歳で地元新潟を離れ、将来自分の店を持つ夢を抱き単身東京へ・・・

何の伝手もなく上京、バイト先を転々とする日々が続く・・・

「漠然と目標はあるが、休日にバイト先の同僚や先輩と遊びほける日常に満足してしまう。」

そんな時期に、バイト先で知り合った女性と結婚・・・

「仕事は出来る」と店主からは言われていたが、二人の将来が見えないと離婚。

私は店を辞め地元に戻りました。

「その後、お世話になった恩師とは連絡を取らないまま日々が過ぎて行く・・・」

私は貯めた資金と借金で、小さな店をオープンしました。

開業して半年・・・店も軌道に乗り、2年後には再婚(現在の妻)と充実した日々を送る。

その後、二人の娘を授かり夢が実現したのですが・・・昨年の6月に自分の残された時間を知る事となる。

私は、自分の人生を振り返り「今一度、32年前に勤めていた店の恩師=店主」に逢い、お礼が言いたい。

*事前情報を基に調査した結果を依頼者様へ報告。

「調査対象者=恩師は、7年前に当時の店を閉店し、別の場所(東京都内)で店名も替え現在も営業している事が判明した。」

「後日・・・恩師は事情を知り、依頼者様に逢いに来てくれたそうです。」

二人が再会できたと依頼者様の奥様から私たちに連絡があり、スタッフ一同喜びを感じております。

(U・M )


ストーカーは誰だ!

ストーカー被害

今回の依頼者様は、介護士の20代女性(新潟市在住)

依頼内容は、自宅に「今日の服装~とても似合っているね・・など」

「不審な手紙が自宅アパートのポストに投函されていた・・・」

依頼者は、気味が悪くなり・・・友達に相談・・・誰が手紙を投函するのか?

不審な手紙はいつ自宅のポストに投函されるのか?

「友達と二人、何度か自宅アパートで誰が投函するのか確かめるべく試みたが、分からず断念。」

怖くなり、警察署に行き相談「担当者は、誰がその手紙を投函したのか?どんな被害を受けたか?

現状では、事件性が認められないのでと・・・」話しは聴いてくれたけど・・・

その後も不審な手紙は投函され、依頼者の20代女性は外出が怖くなり、仕事へも行けなくなった・・・

「やはり事件性がないと警察は直ぐには動いてくれないのが現状・・・我々の出番です。」

依頼者様、管理会社、大家さんの許可を得て、自宅アパートにカメラを設置した。

(小型特殊カメラ、暗視カメラを駆使し投函した人物を撮影に成功・・・)

その後、張り込み・・・尾行追跡調査により人物を特定に成功・・・犯人(入居者の身内)が判明した。

調査報告書を基に依頼者様は、警察へ被害届を提出した。

「依頼者様の心の傷は消えないが、大事になる前に犯人が判明し、事件にならずに済んだ。」

(I・S )


婚約者が開業資金1,200万円を持ち逃げ。

同棲中

今回の依頼者様は、結婚目前で婚約者に失踪された30代女性

(依頼内容は、婚約者は飲食店の開業資金1,200万円を持ち逃げ失踪。お金を取り戻し真相が知りたい。)

三か月後に結婚式を控え、希望に満ちた将来を送るはずであったが、突然と婚約者が失踪した。

調査対象者=婚約者の男性は、依頼者の女性と両親、前勤務先の同僚から合計で1,200万円を借り持ち逃げ

調査を進め判明した事は・・・

調査対象者の前勤務先に勤めていた20代後半の女性と不倫疑惑が発覚した。

更に調査を進めると、調査対象者の失踪と同時期に退職した事も判明した。

調査開始から二ヶ月・・・

「調査対象者=婚約者は、20代後半の女性と県外で同棲中、また新店舗の開店準備を進めていた。」

「調査報告・・・依頼者は呆然・・・ご両親は激怒・・・」

現在は、弁護士と今後について協議中である。

「こんな裏切りは許しがたい・・・人を騙して作り上げる生活・人生なんて続かない」

(U・M )


浮気がバレ開き直る自己中妻。

母親と子供

依頼者様は真面目な人当たりの良い40代男性(夫)

(依頼内容は、無断外泊、家事を放棄~浮気疑惑)

調査対象者=妻は二人の子持ち!近所の実家へ頻繁に子供を預け~遊びに出掛ける。

調査をして判明した事は、複数の男性とラブホテルで(不貞行為)を続ける~

「妻は、浮気がバレ~夫との話し合いで開き直り・・・」

(私の話しを聞いて欲しい時に聞いてくれない!・・・)

(寂しいから仕方ないでしょ・・・)=「仕方ないでは済まされない!」

「パートナーや家族を裏切って開き直り」

(妻は、家事や育児を自分なりには「やってるつもり」

「やってるつもり」と言う人は、まぁ~ちゃんと「やってる」人はいないね!

「調査対象者=妻は何の反省もしていない」・・・「まぁ~自己中だからまたやるだろうな」

*一生懸命に仕事をしている依頼者=夫は「ヤリキレナイ」

(S ・T)


shop info店舗情報

リアル総合探偵事務所

〒950-2055
新潟県新潟市西区寺尾上4-2-18高橋ビル2階
TEL.025-201-7469
FAX.025-201-7569